数年前まではシリコンバッグではなくて、生理食塩水が入っているバッグを入れるのが主流だったのですが、ここ数年はバストアップのための豊胸手術はシリコンバッグを入れるのが主流になってきました。

バストアップのためにシリコンバッグを入れるという豊胸手術が主流となっています。

バストアップのためにシリコンバッグを入れるという方法では、生理食塩水を入れるときに比べると、かなり自然な形でバストアップが出来るということもあってとても人気があります。

バストアップの豊胸手術を受けた時に一番気になるのは、手術後のバストの形ではないでしょうか。
バストアップが成功していても形が自然に近くなければ意味がありませんから自然な形になりやすいシリコンバッグを使ってバストアップを行っています。

昔はバストアップの豊胸手術で、万が一体の中でバッグが破れてしまうと、体に影響があるので危険とされていました。
しかし今の材料などは、体には影響がないといわれています。
ただ、場合によってはシリコンの粘着力が強いので、体の中で敗れてしまうと、胸を切開しないとならない場合もありますのでその点は注意しましょう。

※豊胸手術は、体にメスを入れる手術ですので、気軽な気持ちではなく、あくまでもバストアップの極最終的な手段と考えましょう。

芸能事務所が認め採用した伝説のバストアップ法

posted by yuko at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バストアップ 手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38521489

この記事へのトラックバック