バストアップと脂肪注入について紹介していきたいと思います。
バストアップの方法の中でも人気があるのが、日本の美容整形等で主に行われている脂肪注入のバストアップの方法です。
脂肪を胸の入れてバストアップさせるという方法です。
脂肪注入というのは、自分の体にある余分な脂肪をまずは吸引します。

バストアップの脂肪吸引の方法は、自分の余分な脂肪をバストに持ってくるので、減らしたい部分が減るわけですから一石二鳥です。
何かほかのものを胸に入れるよりは、自分の体にもともとあった成分を入れるわけですから副作用なども少ないといわれています。
バストの中に何かを入れてバストアップさせる人口乳腺法と呼ばれている方法のように大きくすることは難しいと思いますが、それでも自分の脂肪の量に合わせてバストアップを実現させることが可能です。

余分な脂肪が取り除かれ、ダイエットにもつながり、バストアップとダイエットの両方が実現する画期的なバストアップの方法ともいえますね。
もちろん自分以外の脂肪を希望することも出来ますが、副作用が出るのが心配だと思われる方は自分の脂肪を使った脂肪注入法がお勧めです。

ではバストアップの脂肪注入法を行う際、どの部分から脂肪を吸引するのかというと、お腹の余分な脂肪や、お尻の脂肪などを取るのが一般的です。
注射器で脂肪を注入しバストに入れるだけでバストアップが実現します。
自分の脂肪ならば、副作用の心配もなく安心して受けることが出来ます。

※ただし豊胸手術は、体にメスを入れる手術ですので、気軽な気持ちではなく、あくまでもバストアップの極最終的な手段と考えましょう。

芸能事務所が認め採用した伝説のバストアップ法

posted by yuko at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バストアップ 手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38521490

この記事へのトラックバック